鎌倉ガイド協会主催
毎月恒例の「古都鎌倉史跡めぐり」
平成30年12月25日更新
photo
Aコースより:本覚寺 夷堂
鎌倉を知りつくしたガイドが毎月三つのコースを企画し、ご案内しています。もちろん、ご参加はお一人から、何人でも結構です。お申込、ご参加をお待ちしております。
平成31年1月のコース
平成31年2月のコース(予告)
平成31年3月のコース(予告)
主催コース申し込み方法
ご希望による個別コースの実施
よりお選び下さい。



【半日コース】
      新春恒例鎌倉七福神めぐり
    ━ 半日でぐるりと巡る福の神 ━
見どころ 毎年恒例の「鎌倉七福神めぐり」です。古都鎌倉の7カ所の多彩な寺社を半日で巡れる魅力、インド・中国・日本の神々に出会って招福祈願出来る魅力など、「鎌倉七福神」ならではのコンパクトに充実した楽しさを味わっていただきます。
七福神に詣でて、一年のスタートにしましょう。
[ 実 施 日 ] 1月7日(月)/9日(水)/11日(金)/15日(火)
[ 集合場所 ] JR北鎌倉駅西口[交番横] (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 北鎌倉駅~浄智寺(布袋尊)~鶴岡八幡宮(旗上弁財天)~宝戒寺(毘沙門天)~
妙隆寺(寿老人)~本覚寺(恵比寿)~江ノ電鎌倉駅=[江ノ電]=長谷駅~
御霊神社(福禄寿)~長谷寺(大黒天)~長谷駅
   (解散: 13時00分頃) [徒歩距離:約5㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 750円 交通費 190円(江ノ電)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



       初春の縁起・富士山追いかけ旅
     ━ 梶原の里から稲村ガ崎ヘ運だめし ━
見どころ 「一富士二鷹三茄子」のことわざ通り、日本人は富士山が大好きです。梶原一族の故地から出発して、“富士見100選"の稲村ガ崎まで、いくたび富士山に出会えるか、「運」試しをしましょう。文武に秀でた人気の武将・梶原景季をも偲ぶ、新春秀麗のウォーキングです。
[ 実 施 日 ] 1月17日(木)/22日(火)/24日(木)/28日(月)
[ 集合場所 ] 湘南モノレール大船駅改札裏側広場 (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ]

大船駅=[モノレール]=湘南深沢駅~等覚寺(昇堂)~駒形神社~御霊神社(梶原)~
梶原一族の墓~仏行寺前~笛田公園(昼食)~信夫塚~鎌倉山神社~
正福寺公園(聖福寺跡)~稲村ガ崎公園~江ノ電稲村ヶ崎駅
   (解散: 15時30分頃) [徒歩距離:約7㎞、高低差あり(山道あり)]

[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 200円 交通費220円(モノレール)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】 満員御礼!定員に達したので、締め切らせていただきました
         椿咲く新春の鎌倉
          高浜虚子ゆかりの地をめぐる
     ~ 「鎌倉虚子立子記念館」訪問と「虚子庵趾」特別開門 ~
見どころ 高浜虚子は愛媛県松山市に生まれました。正岡子規の下で俳句を学び、雑誌「ホトトギス」の後継者となって、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」「坊っちゃん」等を世に出しました。
虚子はその生涯のうち約50年を鎌倉で過ごし、娘・星野立子ほか多くの俳人を育て、寿福寺に眠ります。2019年は虚子没後60年。虚子が住んだ当時のまま残る邸宅に往時を偲び、今も子孫の住む二階堂のある鎌倉虚子立子記念館では、味のある真筆をたっぷりと観賞します。鎌倉に残る虚子ゆかりの地を、虚子が詠んだ俳句とともにめぐりましょう。
[ 実 施 日 ] 1月25日(金)/30日(水)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場
 (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅=[江ノ電]=由比ヶ浜駅~虚子庵趾(特別開門)~御成小学校~寿福寺~
若宮大路バス停=[バス]=大塔宮バス停~鎌倉虚子立子記念館(見学)~
大塔宮バス停=[バス]=鎌倉駅 
           (解散: 13時00分頃)  [徒歩距離:約3.5㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費 500円 入館料 500円 交通費 570円(江ノ電、バス代)
[ 定  員 ] 各日 90名(定員になり次第締め切ります)
定員に達したので、締め切らせていただきました
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] 飲み物、雨具など
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴



【半日コース】
      早春の片瀬旧道「江の島道」を行く
    ━ 梅咲き競う「新林公園」から、常立寺へ ━
見どころ 片瀬旧道「江の島道」は、藤沢宿遊行寺前から江の島へ至る、江の島弁財天に参詣する道で、江戸時代には参詣する人々で大変賑わいました。今も残る弁財天道標を訪ねながら、新林公園から常立寺へ、梅花薫風を楽しみましょう。古刹・旧跡をも巡る、早春の半日散歩です。
[ 実 施 日 ] 2月16日(土)/20日(水)/22日(金)/26日(火)
[ 集合場所 ] JR藤沢駅北口[サンパール広場] (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 藤沢駅~江の島弁財天道標(砥上公園)~新林公園(展望台、梅林、古民家)~
庚申供養塔(大源太の辻)~馬喰橋~泉蔵寺~諏訪神社(下社・上社)~密蔵寺(開扉)~
一遍上人地蔵堂跡~常立寺~江の島弁財天道標(湘南江の島駅付近)~江ノ電江ノ島駅前
   (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約5.5㎞、高低差一部あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



      梅と早春の花を訪ね 足利氏の鎌倉を歩く
      ━ 鎌倉五山・浄妙寺では本堂特別拝観 ━
見どころ 梅で名高い足利氏ゆかりの古刹と荏柄天神社を巡ります。瑞泉寺のオウバイ、報国寺のサンシュユ、浄妙寺のマンサクが見ごろの季節です。足利氏の興亡の跡を訪ねて、源氏一門としての草創期・雌伏の時代・倒幕・鎌倉公方の時代、それぞれをしたたかに生きた人々を偲ぶ、早春の史跡巡りです。
[ 実 施 日 ] 2月18日(月)/21日(木)/27日(水)/3月1日(金)
[ 集合場所 ] 鎌倉生涯学習センター[きらら鎌倉]前(鎌倉駅東口徒歩2分)
       (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ]

きらら鎌倉~鎌倉駅=[バス]=天神前バス停~荏柄天神社~鎌倉宮~瑞泉寺~
理智光寺跡~フレンドリー鎌倉(昼食)~杉本寺前~上杉朝宗・氏憲邸跡~報国寺~
浄妙寺(昇堂)~足利公方邸跡~泉水橋バス停
   (解散: 15時00分頃) [徒歩距離:約4㎞、高低差ややあり]

[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料550円 交通費200円(バス代)
[ 定  員 ] 各日90名(定員になり次第締め切ります)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
      大磯に鎌倉ゆかりの史跡と旧吉田茂邸をめぐる
     ~ 西行法師の鴫立庵、延台寺で虎御石を特別拝観 ~
見どころ 大磯は古来、鎌倉とゆかりの深い場所です。今回は、源頼朝が行った富士の巻狩りでの仇討ち事件の主人公のひとり、曽我十郎祐成と相思相愛であった虎御前の伝説を持つ延台寺の虎御石を特別拝観します。そして鴫立庵では、西行法師の事跡や湘南の地名の由来を伺います。東海道沿いの松並木や明治の元勲の好んだ風土を愛でながら、大磯の歴史文化を集めた城山公園内の大磯町郷土資料館を見学します。コースの最後は、戦後の大きな歴史舞台の立役者の一人であった吉田茂の再建された邸宅と庭園をゆっくりと拝見します。季節の巡り合わせが良ければ、島崎藤村夫妻が眠る地福寺の「白加賀」や旧吉田茂邸内の梅の香を楽しむことが出来るでしょう。
[ 実 施 日 ] 2月15日(金)/23日(土)
[ 集合場所 ] JR大磯駅改札口外
 (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 大磯駅~延台寺(虎御石拝観)~地福寺~鴫立庵~統監道バス停 =[バス]= 城山公園前バス停~大磯町郷土資料館~旧吉田茂邸
 (解散: 12時50分頃) [徒歩距離:約2.5㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料890円 交通費180円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] 飲み物、雨具など
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴



【半日コース】
       春爛漫 桜の蔭にひそむ物語
    ━ 鎌倉の鬼門をすり抜けた鬼達と遊ぶ ━
見どころ 桜の美しい寺社をめぐり、行く先々でそれぞれの桜を楽しみます。そして、桜の蔭にひそむ物語、鬼門をすり抜けた鬼達の話に耳を傾けましょう。どこに、どんな物語がひそんでいるかは、ミステリーのお楽しみ!!!
桜のトンネルをくぐりながら、メルヘンチックな春を満喫する半日桜めぐりです。
[ 実 施 日 ] 3月23日(土)/27日(水)/29日(金)/4月1日(月)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場 (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅~大巧寺~本覚寺~段葛~鶴岡八幡宮~巨福呂坂~円応寺~建長寺前~
亀ヶ谷坂~薬王寺~壽福寺~鎌倉駅
   (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約5㎞、高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料200円(寺社直接払い)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



          桜と桜貝、春うららかな鎌倉に遊ぶ
      ━ 光明寺「山門楼上特別拝観」後、海辺を歩いて長谷へ ━
見どころ 大伽藍を誇る光明寺の山門楼上で諸仏に手を合わせ、桜爛漫の絶景を堪能したあと、春うららかな鎌倉の海辺を、今や希少となりつつある桜貝を探しながら歩きます。鎌倉ならではの海岸に纏わる地理や歴史の話、最近のエポックなどをガイドから聞きながらの散歩。光則寺では、桜をはじめ愛らしい春の花々が迎えてくれます。
[ 実 施 日 ] 3月26日(火)/28日(木)/4月3日(水)/5日(金)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場 (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅=[バス]=光明寺バス停~光明寺(山門楼上特別拝観)~和賀江嶋~材木座海岸~
滑川河口~鎌倉海浜公園由比ヶ浜地区(昼食)~由比ヶ浜~鎌倉海浜公園坂ノ下地区~
御霊神社~光則寺~江ノ電長谷駅
   (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約4㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料600円(うち100円は寺社直接払い)
交通費200円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
           覚園寺開山塔 特別拝観
     ~ 本尊参拝・開山塔・百八やぐらなど「覚園寺の全てを探訪」 ~
見どころ 覚園寺(かくおんじ)の寺領は「西は建長寺と接し、東は金沢街道から北に入った谷戸の奥まで」広大です。そして、境内環境が良好に保全されており、中世の鎌倉をしのばせる貴重な寺です。
今回は特別に「開山塔」を加え、覚園寺に属する鎌倉時代の貴重な文化財「本尊薬師如来」「黒地蔵」「開山塔」「百八やぐら」「棟立の井」等、「覚園寺の全て」をご案内します。
北条義時、源実朝、後醍醐天皇、足利尊氏などの人物にゆかりのある「覚園寺」。
貴重な文化財と歴史的な出来事を思い起こして「中世の覚園寺」を再発見して下さい。
[ 実 施 日 ] 3月4日(月)/5日(火)/6日(水)
[ 集合場所 ] 湘南モノレール大船駅改札裏側広場
 (受付8時30分~最終出発9時00分)
[ コ ー ス ] 大船駅=[バス]=半僧坊下~百八やぐら~
覚園寺(本堂薬師堂・開山塔・棟立の井・十三仏やぐら・黒地蔵)~大塔宮バス停
     (解散: 12時00分頃) [徒歩距離:約3㎞、高低差あり(下り山道)]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料1000円 交通費240円(バス代)
[ 定  員 ] 各日100名(定員になり次第締切ります)
[ 申込方法 ] 往復ハガキによる申込みに限る(メール、FAXでは申込みできません)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] 飲み物、雨具など
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴
pagetop
はがき 又は FAX電子メールに、参加希望コース名・参加希望日・(郵便番号)・住所・氏名・電話番号を明記の上、お申し込みください。お電話でのお申込みはお申込み内容の間違いのもととなりますのでお断りしています。
はがきでのお申し込み
 (宛先)
〒248-0014
鎌倉市由比ガ浜4-1-1
NPO法人 鎌倉ガイド協会
ファックスでのお申し込み
 (ファックス番号)
0467-24-6523
「史跡めぐり」ファックス用参加申込書をご用意しています
プリントアウトしてお使い下さい。
faxapply
電子メールでのお申し込み
 ( 定型フォーム)
メールフォームに必要事項記入の上送信下さい。mailformapply
  • 電子メールでのお申込については申込確認の返事を致しますが、はがき・ファックスでのお申込については申込確認の返事はしておりません。ご了承下さい。
  • お知らせいただいた住所・電話番号などの個人情報は当協会が行う史跡めぐりの参加人数の把握と傷害保険にのみ使用します。
参加費
  • 1人 ¥500-(拝観料・交通費は別途参加者負担です。)
持参するもの・他
  • 弁当(半日コース以外)・飲み物・雨具・鎌倉市福寿手帳(1月Aコース、2月Bコース、3月Aコース、3月Bコース;お持ちの方)
  • 歩きやすい服装、靴でご参加下さい
雨天の場合その他
  • 大雪・強風・豪雨以外は実施します。
ガイド方法
  • ご参加の方、15名を1グループとしてガイドが1名ついてご案内します。
ガイド中の事故について
  • 参加者に傷害保険をかけていますが、限度を超える責任は負いかねますので、各自が自己責任で注意してください。
当協会では皆様のご希望に添ったご希望による個別ガイドもお受けしています。ご相談ください。
pagetop