鎌倉ガイド協会主催
毎月恒例の「古都鎌倉史跡めぐり」
令和元年7月29更新
photo
Cコースより:壽福寺参道
鎌倉を知りつくしたガイドが毎月三つのコースを企画し、ご案内しています。もちろん、ご参加はお一人から、何人でも結構です。お申込、ご参加をお待ちしております。
令和元年8月のコース
令和元年9月のコース(予告)
令和元年10月のコース(予告)
主催コース申し込み方法
ご希望による個別コースの実施
よりお選び下さい。



【半日コース】
      《祝 開館》鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム&ぼんぼり祭
    ━鶴岡八幡宮参詣・鎌倉文華館入館・ぼんぼり祭(自由観覧)━
見どころ 鎌倉の夏の風物詩「ぼんぼり祭」のぼんぼり掲揚は、三代将軍実朝生誕に因んで、昭和17年(1942)に始まったといわれています。第1回は、高浜虚子や里見弴等の鎌倉文士の書画が境内を飾りました。実朝没後800年の今年、夕刻に明かりが灯るまでのひととき鶴岡八幡宮境内探訪にお誘いし、「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」にも入館します。(点灯後は自由観覧)
[ 実 施 日 ] 8月8日(木)/9日(金)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場 (受付14時30分~最終出発15時00分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅~若宮大路(段葛)~三の鳥居~本宮(上宮)~丸山稲荷社~二十五坊旧蹟~
鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム(入館)~若宮(下宮)~白旗神社~鎌倉国宝館前
    (解散:17時頃) [徒歩距離:約2㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費500円 入館料300円(予定)(鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
        炎暑一掃 地底伽藍「田谷の洞窟」参拝
        ━ 燈明寺本堂開扉、鎌倉仏を拝観 ━
見どころ 橫浜戸塚・栄に、鎌倉ゆかりの寺社を訪ねます。円覚寺百観音霊場(第19番)燈明寺では、鎌倉期制作と伝わる運慶様式の「阿弥陀三尊像」を拝観します。定泉寺では修行道場「瑜伽洞」を巡り、常時16℃に保たれた地底伽藍で、荘厳な真言密教の世界といっときの涼を堪能しましょう。
[ 実 施 日 ] 8月20日(火)/28日(水)
[ 集合場所 ] JR大船駅南改札[(大船観音側)歩行者デッキ(2階・トイレ前)]
      (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 大船駅=[バス]=神社前バス停~小雀五霊神社~燈明寺(開扉)~小雀公園~
田谷御霊社~定泉寺(昇堂・田谷洞窟)~洞窟前バス停
    (解散:12時30分頃) [徒歩距離:約3㎞、高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料400円 交通費200円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
      鎌倉の魅力再発見 【若宮大路・小町通り界隈】
           鎌倉ド真ん中の路地を歩く
      ~ 教会で司祭様のお話とパイプオルガンを聴く ~
見どころ 鎌倉は賑やかな大通りを一歩入ると、静かで趣のある路地が佇んでおり、その路地には歴史を感じさせる名称が付いています。
今回は、鎌倉のド真ん中「若宮大路、小町通り」界隈を歩きながら、その由来を知り、異なる街並みや、家並みの風景を楽しみます。新たな鎌倉の魅力を再発見して、「あなたの鎌倉散策」の一頁に加えてみませんか。
又、散策の終わり、真夏の暑い日射しを避け、カトリック雪ノ下教会で司祭様のお話とパイプオルガンの演奏に耳を傾けましょう。
[ 実 施 日 ] 8月22日(木)/26日(月)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場
  (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅~鎌倉市役所~冬柏山房跡~(古我邸)~今小路~裏壽福寺道~
浮石のトンネル~壽福寺参道~窟小路~(川喜多映画記念館)~大和塀路地~
綾小路~岩井堂小路~瀬戸小路~置石小路~鶴岡八幡宮~(大佛次郎旧邸)~
宇津宮小路~カトリック雪ノ下教会       
      (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約4㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費500円 教会献金200円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] 飲み物、雨具、帽子など
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴



【半日コース】
     北条早雲没後500年《第1部》天嶽院にて法話と坐禅を学ぶ
      ━ 早雲開基の古刹と子・氏時開基の二伝寺を詣でる ━
見どころ 天嶽院の前身「不動院」には源頼朝鎌倉入府の際、戦勝祈願した伝承が残ります。北条早雲によって曹洞宗天嶽院に改まった後、玉縄城主の北条綱成(3代)・氏繁(4代)父子により再興されました。静寂な境内でご法話を伺い、坐禅のひとときを過した後は、早雲の子・氏時開基の二伝寺も参詣します。坐禅のため動きやすい服装でご参加ください。
[ 実 施 日 ] 9月3日(火)/5日(木)/9日(月)/11日(水)
[ 集合場所 ] JR大船駅南改札[(大船観音側)歩行者デッキ(2階・トイレ前)]
      (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 大船駅西口=[バス]=渡内バス停~天嶽院(法話・坐禅)~二伝寺~久成寺前バス停
        (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約2㎞、高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料200円 交通費210円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
       北条早雲没後500年《第2部》玉縄城址を訪ねて
        ━ 普段は入れない「諏訪壇」を特別見学 ━
見どころ 今年は小田原北条氏の祖・北条早雲没後500年にあたります。早雲築城の鎌倉・玉縄城は、無血開城するまで幾つもの危機を乗り越えた難攻不落の名城でした。玉縄城址を中心に、玉縄北条氏に纏わる史跡を巡り、兵どもが夢の跡を辿ってみましょう。
[ 実 施 日 ] 9月13日(金)/18日(水)/26日(木)/30日(月)
[ 集合場所 ] JR大船駅南改札[(大船観音側)歩行者デッキ(2階・トイレ前)]
(受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 大船駅西口~玉縄首塚~龍寶寺(玉縄ふるさと館)~諏訪神社~
玉縄城址(諏訪壇特別見学)~七曲り上~太鼓櫓~玉縄城址碑~ふあん坂~
久成寺~久成寺前バス停
       (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約3.5㎞、高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費500円 入館料200円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



         源頼朝 落馬伝説の地と大庭景能館跡を巡る
    ~旧相模川橋脚、宝生寺重文善光寺式阿弥陀三尊像を特別拝観~
見どころ 頼朝は鎌倉入りし武家政治を進めますが53歳で突然の死を迎えます。原因は相模川の橋供養の帰路に落馬したと伝わります。その橋の脚部が地震で地中から出現し、国史跡として保存されています。相模川を西の境とする大庭御厨(みくりや)は、鎌倉権五郎景政が開発した荘園で、茅ヶ崎市の「懐島(ふところじま)」周辺は大庭景能(かげよし)が相続し居館を設けました。景能は源義朝・頼朝のもとで活躍し、頼朝の厚い信頼を受けました。茅ヶ崎に頼朝と景能ゆかりの地を訪ねます。
[ 実 施 日 ] 9月12日(木)/17日(火)/28日(土)
[ 集合場所 ] JR茅ヶ崎駅改札口外
 (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ] 茅ヶ崎駅=[バス]=今宿バス停~旧相模川橋脚~弁慶塚~鶴嶺八幡宮~龍前院~
宝生寺(特別拝観・昼食)~えな塚~神明大神宮~本社宮~肥地力バス停
        (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約6㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料100円 交通費180円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] 弁当、敷物、飲み物、雨具、帽子など
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴



【半日コース】
          新企画
             ありがとう おじぞうさま!         
誰もがもっともなじみ深い仏さまと言ったら、幼い頃から“おじぞうさま”と呼び、慣れ親しんできた地蔵菩薩でしょう。弥勒菩薩が如来として姿を現されるまでの間、私たちを見守り、救って下さる仏さまです。鎌倉に残る由緒あるお地蔵様のいくつかを心をこめて巡ります。
A1コース
      ━ 大町から二階堂に”愛称のある”お地蔵様を巡る ━
[ 実 施 日 ] 10月2日(水)/5日(土)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場  (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅~身代地蔵(延命寺・昇堂拝観)~日限地蔵・身代地蔵(安養院)~花咲地蔵~
子育経読地蔵(宝戒寺・昇堂拝観)~厳上地蔵(来迎寺・昇堂拝観)~
魔の淵(伝承)地蔵~岐れ道バス停
   (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約3.5㎞、高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料700円(うち200円は寺社直接払い)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前
A2コース
      ━ 十二所から二階堂に”愛称のある”お地蔵様を巡る ━
[ 実 施 日 ] 10月11日(金)/15日(火)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場  (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅=[バス]=十二所バス停~塩嘗地蔵(光触寺・昇堂拝観)~
叶地蔵(明王院)~身代地蔵・尼将軍地蔵(杉本寺・昇堂拝観)~
どこもく地蔵(瑞泉寺)~大塔宮バス停 
 (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約4㎞、高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料650円(うち200円は寺社直接払い)
交通費210円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
           義経と一遍上人と藤沢宿 今と昔
       ━ ゆかりの地を訪ね、歴史の〝まち並み”体感 ━
東海道五十三次の宿場町として栄えた藤沢宿には、義経伝説にまつわる史跡が残り、また一遍上人ゆかりの時宗総本山遊行寺があります。心地よい秋風とともに、歴史ある社寺や蔵を訪れて、今と昔の藤沢宿の移り変わりに触れてみましょう。
[ 実 施 日 ] 10月16日(水)/19日(土)/29日(火)/31日(木)
[ 集合場所 ] JR藤沢駅北口サンパール広場  (受付9時00分~最終出発9時30)
[ コ ー ス ] 藤沢駅~(江ノ島道標)~遊行寺(本堂・長生院・他)~藤沢宿交流館~
藤沢宿跡(堀内本陣跡・御殿跡・蒔田本陣跡・問屋場跡・永勝寺)~義経首洗い井戸~
白旗神社〜小田急藤沢本町駅
  (解散: 12時40分頃) [徒歩距離:約3.5㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費500円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



         まさかりが淵・ウイトリッヒの森を上の道へ
      ~鎌倉景政所縁の寺社と「小栗判官・照手姫」伝説の旧跡~
見どころ 横浜市戸塚区の汲沢・深谷に、鎌倉権五郎景政所縁の五霊神社、景政の守護仏である深谷目薬師を祀る専念寺、また、梶原景時が祖である景政の神霊を祀った三嶋神社を訪ねます。不思議な伝説が残るまさかりが淵の滝に想いをはせ、せせらぎの音が心地よい宇田川沿いの遊歩道を進み、ウイトリッヒの森に着いたら、そこからは小栗判官・照手姫の世界へ。上の道経由、のどかな秋の田園風景が広がる藤沢市西俣野に、閻魔堂跡や花應院、小栗判官・照手姫の旧跡を巡ります。
[ 実 施 日 ] 10月7日(月)/8日(火)
[ 集合場所 ] 戸塚駅橋上改札口横広場(戸塚駅東口側バスターミナル上デッキ)
 (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ] 戸塚駅西口バスセンター=[バス]=五霊神社前バス停~五霊神社~寶寿院~
まさかりが淵~専念寺(開扉)~三嶋神社~ウイトリッヒの森(昼食)~
(鎌倉街道上の道)~瞽女淵之碑~閻魔堂跡~左馬大明神~
花應院(特別拝観・ご法話)~西俣野バス停
      (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約5㎞、高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料200円 交通費230円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 雨 場 合 ] 雨コースは三嶋神社まで
[ 持  物 ] 弁当、飲み物、敷物、雨具、帽子など
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴
pagetop
はがき 又は FAX電子メールに、参加希望コース名・参加希望日・(郵便番号)・住所・氏名・電話番号を明記の上、お申し込みください。お電話でのお申込みはお申込み内容の間違いのもととなりますのでお断りしています。
はがきでのお申し込み
 (宛先)
〒248-0014
鎌倉市由比ガ浜4-1-1
NPO法人 鎌倉ガイド協会
ファックスでのお申し込み
 (ファックス番号)
0467-24-6523
「史跡めぐり」ファックス用参加申込書をご用意しています
プリントアウトしてお使い下さい。
faxapply
電子メールでのお申し込み
 ( 定型フォーム)
メールフォームに必要事項記入の上送信下さい。mailformapply
  • 電子メールでのお申込については申込確認の返事を致しますが、はがき・ファックスでのお申込については申込確認の返事はしておりません。ご了承下さい。
  • お知らせいただいた住所・電話番号などの個人情報は当協会が行う史跡めぐりの参加人数の把握と傷害保険にのみ使用します。
参加費
  • 1人 ¥500-(拝観料・交通費は別途参加者負担です。)
持参するもの・他
  • 弁当(半日コース以外)・敷物(9月10月Cコース)・飲み物・雨具・帽子
  • 歩きやすい服装、靴でご参加下さい
雨天の場合その他
  • 台風・強風・豪雨以外は実施します。
ガイド方法
  • ご参加の方、15名を1グループとしてガイドが1名ついてご案内します。
ガイド中の事故について
  • 参加者に傷害保険をかけていますが、限度を超える責任は負いかねますので、各自が自己責任で注意してください。
当協会では皆様のご希望に添ったご希望による個別ガイドもお受けしています。ご相談ください。
pagetop