鎌倉ガイド協会主催
毎月恒例の「古都鎌倉史跡めぐり」
平成28年8月30日更新
photo
Bコースより:光照寺
鎌倉を知りつくしたガイドが毎月三つのコースを企画し、ご案内しています。もちろん、ご参加はお一人から、何人でも結構です。お申込、ご参加をお待ちしております。
平成28年9月のコース
平成28年10月のコース(予告)
平成28年11月のコース(予告)
主催コース申し込み方法
ご希望による個別コースの実施
よりお選び下さい。



【半日コース】
  秋の花咲く寺院に愛称あるお地蔵さまを訪ねる
見どころ 萩や彼岸花が咲く屈指の花の名刹、慈愛の心で苦しみから救ってくれるという “お地蔵さま”で親しまれている『地蔵菩薩尊』をお参りします。安養院の『日限ひぎり地蔵』は決まった日数以内で願いを叶えてくれます。宝戒寺の『子育経読こそだてきょうよみ地蔵』は鎌倉では珍しい京都円派の三条法印憲円の作です。浄光明寺では足利尊氏の弟、直義の不思議な伝説がある『矢拾やひろい地蔵』や由比ヶ浜で網にかかって引き上げられたという『網引あみひき地蔵』を参拝します。
[ 実 施 日 ] 9月3日(土)/8日(木)/15日(木)/17日(土)
[ 集合場所 ] 鎌倉生涯学習センター[きらら鎌倉]前 (JR鎌倉駅東口徒歩2分)
(受付9:00~最終出発9:30)
[ コ ー ス ] 鎌倉生涯学習センター~安養院(日限ひぎり地蔵)~宝戒寺トンネル~
宝戒寺(子育経読こそだてきょうよみ地蔵)~窟小路~
浄光明寺(網引あみひき地蔵・矢拾やひろい地蔵)
  (解散:浄光明寺山門 12時30分頃) [徒歩距離:約4.5㎞,高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 400 円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



   初秋の秘境 台峯緑地から隠れ里へ
  ━光照寺(本堂)を特別拝観し、魯山人ゆかりの地を訪ねる━
見どころ 初秋の心地よい風に吹かれ、鎌倉の秘境と云われる台峯緑地から隠れ里がある佐助方面を巡ります。江戸時代、隠れキリシタンが出入りしたという伝承がある光照寺では本堂を特別拝観させて頂きます。陶芸家、書家、料理家でもある異色の芸術家、北大路魯山人の其中山房跡を訪ねます。鳥の囀りが聞こえるのどかな葛原岡神社脇の公園で昼食。午後は隠れ里の霊地、銭洗弁財天宇賀福神社と頼朝に挙兵を促したという佐助稲荷神社を訪れます。
[ 実 施 日 ] 9月13日(火)/16日(金)/27日(火)/30日(金)
[ 集合場所 ] JR北鎌倉駅 [交番横]    (受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 北鎌倉駅~光照寺(特別拝観)~神明神社~其中山房跡~台峯緑地~谷戸池~
葛原岡神社(公園にて昼食)~銭洗弁財天宇賀福神社~佐助稲荷神社~
佐助隧道~鎌倉駅
      (解散:JR鎌倉駅 14時30分頃) [徒歩距離:約6㎞,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 200円 
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



  鎌倉に残る江戸後期の四大建築を訪ねる
   ~妙本寺祖師堂特別昇堂参拝~
  初企画!昼食はお好きなお店でお召し上がりください。
見どころ 中世に政治・文化の中心であった鎌倉は、江戸時代に「坂東の一寒村」となりましたが、世情が安定してくると、大山詣、江の島詣に加え鎌倉五山を初め、寺社や史跡に恵まれた鎌倉に多くの人々が巡拝するようになりました。
こうした多くの巡拝者を得て、主要な寺社である五山第一の建長寺では法堂、鶴岡八幡宮寺では上宮、日蓮宗妙本寺では祖師堂、そして浄土宗光明寺では山門が江戸後期に再建されました。鎌倉に残る江戸後期の巨大建築をご案内するとともに今回、初企画として昼食をフリータイムとしてお好きなお店で召し上がって頂くこととしました。多くの方のご参加を願っています。
[ 実 施 日 ] 9月5日(月)/6日(火)
[ 集合場所 ] JR北鎌倉駅 [円覚寺側] (受付 9:00~最終出発9:30)
[ コ ー ス ] 北鎌倉駅~建長寺~鶴岡八幡宮~昼食(フリータイム)~
【鎌倉生涯学習センター前集合】~ 妙本寺祖師堂(昇堂)~光明寺
   (解散:14時30分頃) [徒歩距離:約6km,高低差ややあり]
[ 費  用 ] 500円 特別拝観料 300円(妙本寺祖師堂)
別途、建長寺入山料(300円)は各自払いとします。
[ 申込締切 ] 【各日200名】 定員になり次第締切ります。
*当日申込は受付できません。
[ そ の 他 ] 昼食フリータイムは80分です。
[ 持  物 ] 飲み物、雨具、福寿手帳(鎌倉市在住でお持ちの方)



  足利尊氏と一族ゆかりの鎌倉
  ━浄妙寺、報国寺、覚園寺をじっくり拝観━
見どころ 鎌倉幕府滅亡後、急速に衰退したと思われがちな鎌倉は鎌倉公方を中心にその後も東国の都として繁栄していました。「足利公方邸舊蹟」の石碑から謎に満ちた足利氏の歴史を窺い知ることが出来ます。浄妙寺境内にあった廃寺の延福寺での足利尊氏の弟、直義の不可解な死。人気の竹寺で知られる報国寺や鎌倉宮での悲惨な最期を遂げた武将達。今でも鎌倉時代の風情が残る足利尊氏の手厚い保護を受けた覚園寺など、足利尊氏とその一族の足跡を訪ねます。
[ 実 施 日 ] 10月11日(火)/13日(木)/17日(月)/20日(木)
[ 集合場所 ] 鎌倉生涯学習センター[きらら鎌倉]前 (JR鎌倉駅東口徒歩2分)
(受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅東口=[バス]=泉水橋バス停~足利公方邸跡~浄妙寺~報国寺(竹の庭)~
フレンドリー鎌倉(昼食)~理智光寺跡~永福寺跡~覚園寺~鎌倉宮
         (解散:14時30分頃) [徒歩距離:約6㎞,高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 800円 交通費 210円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



   秋風に誘われ、文豪が愛した逗子の海・山をめぐる
  ━蘆花記念公園と逗子ゆかりの文学碑を訪ねる━
見どころ 平家嫡流六代目に当たることから六代御前と呼ばれ、斬首された平高清の墓が田越川近くにあります。明治の文豪、徳富蘆花は明治30年から4年間、逗子に住み逗子をこよなく愛しました。代表作「不如帰」にちなみ、逗子市では市の花を「ほととぎす」に制定しています。「逗子市郷土資料館」では逗子ゆかりの文学作品等を拝見し、逗子海岸や大崎公園をめぐり文学碑を訪ねます。披露山公園と大崎公園からは三浦半島、江の島、富士山の遠望も楽しめます。
[ 実 施 日 ] 10月19日(水)/21日(金)/26日(水)/28日(金)
[ 集合場所 ] JR逗子駅東口 [海側改札](受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 逗子駅~六代御前の墓~蘆花記念公園【逗子市郷土資料館】~柳屋跡~逗子海岸~
浪子不動園地(昼食)~高養寺~披露山公園~大崎公園~小坪バス停
     (解散:14時30分頃) [徒歩距離:約6.5㎞,高低差あり、健脚向 ]
[ 費  用 ] 参加費 500円 入館料 100円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



   鎌倉幕府草創の功労者
   三浦一族興亡の地『衣笠』を歩く
見どころ 前九年の合戦の戦功で三浦の領地をえた三浦氏は、衣笠を本拠地として栄え相模国最大の武士団に成長し、鎌倉幕府草創の最大の功労者となりました。頼朝の後ろ盾として鎌倉幕府を支えましたが、1247年の宝治合戦で北条氏との権力争いに敗れ衣笠を本拠とする本宗家は滅びました。いま、衣笠にその足跡をたどり、つわものどもの夢に思いを馳せてみましょう。
[ 実 施 日 ] 10月25日(火)/27日(木)
[ 集合場所 ] JR衣笠駅 [改札口] (受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 衣笠駅~曹源寺~衣笠十字路バス停=[バス]=衣笠城址バス停~
大善寺(本堂特別拝観)~衣笠城址~衣笠町内会館(昼食)~
満昌寺(三浦義明像特別拝観)~近殿神社~薬王寺跡~腹切りの松公園~
清雲寺(本堂特別拝観)~衣笠城址バス停
    (解散:14時30分頃)[徒歩距離:約6km,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 600円 交通費 180円(バス代)      
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] お弁当、飲み物、雨具等。



  まんだら堂跡で荘厳な秋に浸る
  ━鎌倉三浦往還の要路・名越切通を歩く━
見どころ 秋の爽やかな季節に『三浦道』と『やぐら』を辿るコースです。日蓮聖人は法華経布教の為、安房から三浦道の鎌倉防御の拠点となったとも云われる名越切通を通り、松葉ヶ谷に庵を結びました。大きな日蓮像がある長勝寺はその庵跡とも云われています。秋の期間限定公開『まんだら堂やぐら群』では厳かな異界が広がっています。さらに、鎌倉で一番古いお寺、坂東三十三観音一番札所の杉本寺で様々なエピソードがある観音様を拝観します。
[ 実 施 日 ] 11月5日(土)/7日(月)/13日(日)/14日(月)
[ 集合場所 ] 鎌倉生涯学習センター[きらら鎌倉]前 (JR鎌倉駅東口徒歩2分)
(受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] きらら鎌倉~長勝寺~日蓮乞水~名越切通~まんだら堂跡~浄明寺緑地(昼食)~
(報国寺前 経由)~田楽辻子~杉本寺~杉本観音バス停
         (解散:14時頃) [徒歩距離:約6㎞,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 200円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



   紅葉に染まる、鎌倉の遺産「やぐら・切通」を訪ねる
見どころ 晩秋の一日、鎌倉ならではの『やぐら』と『切通』を訪ね、秋の彩りを楽しみます。円覚寺の菜園、瓜園に由来する瓜ヶ谷。お地蔵さま、五輪塔、神像、鳥居などが克明に浮き彫りされている『瓜ヶ谷やぐら群』は鎌倉を代表するやぐらのひとつです。黄葉紅葉が萌える源氏山公園での昼食は至福のひと時といえるでしょう。大仏ハイキングコースを楽しみながら明治時代に正岡子規が人力車で通り、往古には軍事的にも重要であった西の防御「大仏切通」を通りぬけます。
[ 実 施 日 ] 11月16日(水)/18日(金)/25日(金)/29日(火)
[ 集合場所 ] JR北鎌倉駅 [交番横]      (受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 北鎌倉駅~西瓜ヶ谷やぐら~東瓜ヶ谷やぐら~源氏山公園(昼食)~
大仏ハイキングコース~大仏切通~火の見下バス停
    (解散:14時頃) [徒歩距離:約6.5㎞,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料等 100円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
   『紅葉の円覚寺・東慶寺に没後100年の夏目漱石を想う』
   ~奇しき縁(えにし)の帰源院で、ご住職の講話拝聴~
見どころ 鎌倉に縁が深い文豪の夏目漱石は今年の12月9日に没後100年を迎えます。
明治27年末から28年初の2週間余り、漱石は円覚寺の釈宗演のもとに参禅し、帰源院に止宿しました。この時の経験は有名な小説「門」の素材となったほかに、彼の作品に多く取り上げられています。
帰源院の先々代富澤珪堂住職は雲水時代に漱石と交流があり、彼の没後帰源院の住職になってから漱石と帰源院の縁を知って、その後改めて夏目家との交流が始まりました。
珪堂師の孫に当たる現住職・宋実師に漱石ゆかり等の講話を頂きます。円覚寺と、釈宗演が後に住職を務めて漱石も訪ねた東慶寺で、紅葉のもと漱石に想いを馳せましょう。
ご講話にご期待下さい。新たな再発見があるかも?
[ 実 施 日 ] 11月22日(火)/28日(月)
[ 集合場所 ] JR北鎌倉駅東口 [円覚寺側]  (受付9:00~最終出発9:30)
[ コ ー ス ] 北鎌倉駅前~円覚寺〔境内、帰源院(本堂昇堂・講話)〕~東慶寺
    (解散:12時30分頃)[徒歩距離:約1km,高低差なし(境内若干あり)]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料等 800円      
[ 定  員 ] 各日150名 (※当日申込み受付できません)
[ 申込方法 ] 「往復はがき」に限ります。
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。(但し、定員になり次第締切ります)
[ 持  物 ] 飲み物、福寿手帳(鎌倉市在住でお持ちの方)
pagetop
はがき 又は FAX電子メールに、参加希望コース名・参加希望日・(郵便番号)・住所・氏名・電話番号を明記の上、お申し込みください。お電話でのお申込みはお申込み内容の間違いのもととなりますのでお断りしています。
はがきでのお申し込み
 (宛先)
〒248-0014
鎌倉市由比ガ浜4-1-1
NPO法人 鎌倉ガイド協会
ファックスでのお申し込み
 (ファックス番号)
0467-24-6523
「史跡めぐり」ファックス用参加申込書をご用意しています
プリントアウトしてお使い下さい。
faxapply
電子メールでのお申し込み
 ( 定型フォーム)
メールフォームに必要事項記入の上送信下さい。mailformapply
  • 電子メールでのお申込については申込確認の返事を致しますが、はがき・ファックスでのお申込については申込確認の返事はしておりません。ご了承下さい。
  • お知らせいただいた住所・電話番号などの個人情報は当協会が行う史跡めぐりの参加人数の把握と傷害保険にのみ使用します。
参加費
  • 1人 ¥500-(拝観料・交通費は別途参加者負担です。)
持参するもの・他
  • 弁当(半日コース以外・9月Cコースはフリータイム)・飲み物・雨具・福寿手帳(9月Cコース・10月Aコース・11月Cコース 鎌倉市在住でお持ちの方)。
  • 歩きやすい服装、靴でご参加下さい
雨天の場合その他
  • 台風・強風・豪雨以外は実施します。ただし状況により、コースの一部、出発時間の変更を行うことがあります。
ガイド方法
  • ご参加の方、15名を1グループとしてガイドが1名ついてご案内します。
ガイド中の事故について
  • 参加者に傷害保険をかけていますが、限度を超える責任は負いかねますので、各自が自己責任で注意してください。
当協会では皆様のご希望に添ったご希望による個別ガイドもお受けしています。ご相談ください。
pagetop