日本語COSMOS主催
「日本語教授法・初級実践講座」


2005年1月〜5月、日本語教授法の講座を開きました
当初は指導経験者を対象として企画しましたが、
応募者に初心者が多かったため、初級講座にしました

講  師: 平井悦子先生
テキスト: スリーエーネットワーク発行
「みんなの日本語・初級T」
期  間: 2005年1月 − 5月
2時間/週 × 15回


日本語教授法講座受講者


講師紹介: 平井悦子先生は、関東学院大学、財団法人海外技術者研修協会で教鞭をとられ、 日本語COSMOS設立以来、会のために尽力くださっています
教材の研究開発にも携わられ、著書には、「クラス活動101」、「続131」、「みんなの日本語文型練習帳T、U」、「中級へ行こう」があります



・・・ 日本語教授法について ・・・
( 概要と注意 )
  • 原則として日本語のみを使って教える
    → 世界共通語とはいえ英語を話さない国の人もいるから
  • テキストは「みんなの日本語」を採用
    → 各国語版のサブテキストがあり、副教材も充実している
  • 文型積み上げ方式を採用
    → 習ったものをすべて使いながら知識の山を築く
  • 授業の前に詳細な教案を作り、授業の後は報告書を作る
    → 反省点、問題点が明らかになり以後の授業に役立つ
  • 既成の教材のほかに実物や、きれいでわかりやすい図柄の
    チラシやパンフを使う
    → オリジナルのイラストや教具を使うこともよい
  • 学習者が発話をためらうようなストレスを与えない
    → おおらかな気持ちで発音などをあまり厳しくしない
  • 国籍、職業、年齢などのプライバシーに関することにはふれない
    → 相手により練習時には架空の設定を使う


日本語教授法・初級実践講座の講習風景

平井先生の簡潔でクリアな日本語により講座が進められる
学習者にとって講師の発音や言葉使いはとても大切だ

講師:平井先生 楽しい授業
講師:平井先生楽しい授業

日本語を初めての外国語として学習する立場に立ってみること
楽しく、印象的な授業をすることが求められる

講座風景1 講座風景2
講座風景1講座風景2

受講者が自分で作った教案をもとに実践授業を体験する
教材を作り、板書をし、ゼスチャーを交え、しかも楽しく印象的に・・・

講座風景3 講座風景4
講座風景3講座風景4



・・・ 受講者の感想 ・・・
  • 外国語として日本語を見ることになれるのが大変だった
  • 日本語がこんなに難しい言葉とは思わなかったが、今までと違った目で日本語を考えることができてよかった
  • ベテランの先生でも1時間の授業のための教案作りに3時間かかるという話しを聞いて、日本語教授の大変さを感じた
  • 実際の授業を見学した後、学習者や講師の熱心な態度を見てお手伝いできるようになりたいと思った
  • ただ聞いているだけの講座ではなくて、宿題や実践があり、自分で教え方を編み出すことの必要性を教えられた
  • わかりやすい講座、日本語の確かさ、経験の多さなど、平井先生の講座を受けられてよかった