カット CDを活用しよう
大容量の記録媒体で値段も安い
データの保存やバックアップに最適

デジカメで写した写真や文書など、どんなふうに保管していますか?

もしかして、場所を指定しないで保存して「マイドキュメント」の中がゴチャゴチャになっていませんか? (保存場所を指定しないと、パソコン(Windows)は“自動的にマイドキュメント”に保存してしまいます)

普通のご家庭では、箪笥に冬物・夏物・下着などと場所を決めて、お父さんお母さんの箪笥・子供の箪笥などと(引き出しに整理して)しまって置くと思います。
それでないと何を何処にしまって置いたかが解らなくなりますよね。パソコンのデータ保管もまったくこれと同じなんです。
最近のパソコンにはCD−Rと言う「CDに書込みができる機種」が多くなっています。
この講座は、マイドキュメントや写真などのデータを整理する方法とCDを上手に使うための方法を勉強できる講座です。




title


1,講座で使用する受講者用専用フォルダの作成

2,CD(Compact Disc)について

3,所有機のCD種類の確認(CDの作成が出来るか)

4,第1回目のCD作成

5,パソコンの世界に於ける「著作権」(一言だけ)

6,マイドキュメントの整理とバックアップ
(第2回目のCD作成)

7,メールデータの整理(仕分け)

8,アドレス帳バックアップ(第3回目のCD作成)

9,音楽CDの読み込みと自分専用の音楽CDの作成
(第4回目のCD作成)



1、「マイドキュメントに入っている未整理の資料や写真などを整理」

◎ツリー構造で整理する「体系図」を作成し、それに沿ってフォルダを作る
◎“家フォルダ”−“各部屋のフォルダ”−“部屋の中のフォルダ”を作る
◎フアイルをホルダに収納する(ファイルの移動)
◎作成したフォルダをCDにコピーして保存する

ファイルを収納するフォルダの解説図
sample

CD書き込みウイザードの画面
sample

2、メールを整理して保存しよう。

◎メールを整理する「目的別フォルダ」の作成
◎受信時にメールを自動的にフォルダに分類し保存する
◎メールルールの設定と使い方
◎アドレス帳のバックアップ
◎アドレス帳をCDにコピーして保存する

sample

3、自分専用のCDを作って楽しむ

◎音楽CDからの読み込み方
◎読み込んだ曲の選択
◎選択した曲をCDにコピーして保存する

sample

button